【スクスタ】超人気スマホゲーム『ラブライブ!スクールアイドル ALL STARS』やってみた!【レビュー】

ラブライブ!の新作スマホゲームが遂にリリース!

その名も『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』!

元祖ラブライブ!の「μ’s」は勿論、サンシャインの「Aqours」、そして第3弾(?)として新たに加わった「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の、総勢27人が登場します!

スクフェス(『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』)同様、オリジナルのストーリーが楽しめるほか、3Dライブ育成といった、全く新しい要素も加わり、ラブライバーなら絶対にプレイするべきスマホゲームとなっています。

勿論、ラブライブ!を観たことが無い、スクフェスをやったことがないよ!と言う人でも楽しめます!

今回は、そんな「スクスタ」について、実際にプレイしてみた感想と、具体的にどんなゲームなのか?というところを紹介していきます!

 

 

 ラブライブ!ってどんな作品?

「スクールアイドル」という学校内で結成されるアイドルグループが国内全土で絶大な人気を誇っているというのが共通の世界観設定。

そして、高坂穂乃果がリーダーを務める「μ’s」や高海千歌率いる「Aqours」といったグループは、アイドルライブ全国大会である「ラブライブ!」の優勝を目指す!

というのが大筋のお話です。

 

ラブライブ!シリーズは音ノ木坂学院の「μ’s」が主役の元祖『ラブライブ!』、浦の星女学院の「Aqours」が主役の『ラブライブ!サンシャイン!!』がTVアニメ化、映画化をしており、また新たに「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の面々が主役となるテレビアニメも制作が決定しています。

まさしく衰え知らずの大人気コンテンツですね!

 

 

 スクスタってどんなゲームなの?

全体的にレビューも良いですし、ラブライバーも納得の「リズムアクションRPG」です♪

「えっそれってスクフェスと何が違うの?」

と思いますよね?

しかし、やってみて分かりました。

これ、全然スクフェスと別ジャンルです!笑

 

  ストーリー

27人のスクールアイドルたちと作る最高のライブ!

あなたと叶える新しい物語、「スクスタ」スタート!!

東京・お台場にある自由な校風と専攻の多様さで人気の高校、私立虹ヶ咲学園に通う主人公(あなた)は、ある日μ's(ミューズ)とAqours(アクア)の合同ライブを見て衝撃を受ける。

「きらきら輝くスクールアイドルたちを、一番近くで応援したい!

スクールアイドルみんなの文化祭「スクールアイドルフェスティバル」を目指して——。

ここからあなたと彼女たちの「みんなで叶える物語」を始めよう!

Google play ゲーム詳細ページより抜粋)

 

という感じで、あなたは虹ヶ咲学園に通う生徒として、スクールアイドル育成をしていくことになります。

 

 特徴と魅力

ハイクオリティの3Dライブ!

スクフェスと全く違うスクスタの魅力の1つとして、ライブが3Dでキレイに観られる!というところですね。

まるでTVアニメのオープニング映像を観ているかのよう・・・

また、ライブで着用できる衣装も設定できるので、そのあたりの細かさも見どころですね。

↓オープニングも神!

 

 新しいゲームシステム

ライブでは、楽曲中に流れてくるノーツ(上画像の丸いやつ)を、リズムに合わせてタップしていきます。

ここはスクフェスと一緒ですね。

同時タップや長押しアクションもあります。

ただ、今回ではスワイプ(フリック)するアクションが加わっています。

 

また、2レーン方式なので、画面のどこを押してもノーツを処理したことになります。

押す場所が決まっているスクフェスとは大きく違うポイントです。

「どこ押しても反応するなんて、超簡単じゃん!」

と、スクフェス熟練者の人は思うかもしれませんね。

 

しかしスクスタは、単に技術を磨いてフルコンボを狙えば良い、というゲームではありません。

スクスタは、「いかに戦略を練ってチームを編成し、いかにスキルを使い、いかに歌い切り、いかに最高スコアを獲るか」ということを考えてチームやキャラを育成する戦略性RPGなんです。

戦略を練る必要があるポイントの1つとしては、ライブ中、「ノーツをタップすることでスタミナが減ってしまう」ので、「いかにして曲を歌いきるか」を考えないといけない点ですね。

スタミナは0になるとライブは失敗になってしまいます。

そして、タップミスをしようがPERFECT判定でタップしようがスタミナは減ってしまいます。

 

作戦を考えるべきポイントはこれだけではありませんが、つまりはスクスタでは、自分のタップスキルだけでライブのフルコンボやハイスコアを狙う「音ゲー」というジャンルではなく、「ライブ序盤はこのユニットで、途中スタミナがピンチになったらこのユニットに切り替えてハイスコアを狙おう」というようなことを考える戦略ゲームなんです。

なかなか画期的な発想ですよね。

 

 フルボイスのストーリー

今のスマホゲームでは珍しくはありませんが、スクスタもちゃんとメインストーリーはフルボイスです。

また、スクフェスよりも会話中、ちゃんとキャラが動くので、そこは進化していますね。

ストーリーの内容自体も面白いので、飽きずに読み進められます。

 

 スクールアイドル育成

スクスタでは、キャラの育成が本格的!

アイテムを消費して、順次マスを解放していくというツリー方式になっています。

ツリーを解放していくと、そのキャラの様々なステータス(スタミナやスコアポイントUP効果など)が上がっていきます。

マスにはライブで着用可能な衣装や、新しいボイスの解放といった、楽しいキャラゲー要素も♪

また、ライブをしたり、アイドルと触れ合う(タップする)ことで、「キズナレベル」が上がります。

キズナレベルが上がると、ステータスにボーナスが加算されますよ。

 

  合宿でスキル獲得

アニメでは定番の「合宿」をスクスタでは行うことができます。

スクールアイドルたちを合宿に参加させることで、強化(特訓)に必要となるアイテムをゲットすることができます。

そして、合宿に参加したキャラは、ランダムで「ひらめきスキル」を会得することがあります。

このひらめきスキルは、ライブでのスコアアップに欠かせない要素のため、発動のためにできるだけ合宿は活用していきましょう。

 

 

 序盤の攻略法

まず先に気になるのがリセマラがしやすいかどうか、だと思いますが、チュートリアルのライブやストーリーはスキップすることができるので、比較的リセマラはやりやすい印象です。

 

ただし、チュートリアル終了だけでは、10連ガチャを回すことはできない(時期によってはできるようになるかも)ので、10連ガチャを回したい場合は、ストーリーの1章を読み終えなくてはなりません。

ここではライブもやる必要があるので、ちょっと手間はかかりますね。

 

スクスタでは、スタミナの消費を気にしないといけないので、こまめに特訓や合宿をしてキャラの育成していきましょう。

具体的な編成・攻略方法については「教えてスクスタ」動画を観てみるのが一番早いです。(スクスタのアプリで観られます。)

 

 

 ガチャと課金要素

ガチャ排出率

UR・・・5%

SR・・・10%

R ・・・85%

 

比較的URは出易い印象です。

とはいえ、人によっては全然出ない・・・なんてこともあるでしょう。

スクスタは無課金でも十分楽しめますが、どうしても欲しいキャラがいる!URがすぐ欲しい!という場合は課金しても良いでしょう。

課金することで「URが確定で入手できる」パックを購入することができます。

 

 

 レビューまとめ

スクスタは戦略&キャラゲーで、そういったゲームが好きな人はハマると思います。

僕は今スクフェスと両立してプレイしていますが、どちらも違った魅力があるので、しばらくは飽きずにプレイできそうです。

ラブライブ!を観ていた、スクフェスをプレイしていた、という人は1度プレイしてみてはいかがでしょう?(^^)

ハイクオリティのライブを是非味わってみてください!

 

おすすめの記事